男の肌の育て方〜食事

ディーフラット公式サイト

 

男性も女性のようにキレイな肌になるためには、1日3食決まった時間帯に腹八分目の、栄養バランスの摂れた食事をすることが必要です。

 

食事

これは肌だけでなく、健康全般にもいい影響を与えます。

 

1番いいのは本格的な玄米食をしたり、市販の野菜ジュースではない、野菜から作る100%の野菜ジュースを飲むといったことですが、忙しい現代人には難しいので、それでも時間をかけずに栄養補給をしたいのであれば、今は青汁がお勧めです。

 

青汁製品は現在では粉末やサプリとしても多数販売されていて、飲みやすく工夫されていますし、水で溶かして飲んだり、サプリであれば水で飲めばいいだけであり、尚且つ価格も手頃なので、経済的な負担もありませんので、一般のサラリーマンにもうってつけの健康食品です。

 

また青汁製品によく使われている大麦若葉末については、美肌作用が臨床試験によって実証されており、具体的には、「摂取後8週間後に、摂取前と比較すると、頬の角質層の水分量が有意に増加し、肌のくすみも摂取後には有意な改善がみられた」という結果が出ています。

 

卵

予防的な話になりますが、食事からの栄養は適切に摂ることが大切で、足りなくても摂り過ぎても、肌の健康にはいい影響を与えません。

 

満腹になるまで食べてしまいますと、内臓に負担をかけ肌の老化を促進させてしまいますので、常に腹八分目を意識することが重要です。

 

同じ理由で寝る前に食べるのもよくありませんので、少なくとも3時間前までには食事を終わらせておくことが肝心です。

 

最低でも寝る1時間前までには食べ終わっておき、後は水分として水を摂取するだけにしましょう。

 

またニキビを治すためにはビタミンB2を多く含むアーモンド・卵類・牛乳や、ビタミンB6を多く含む緑黄色野菜や魚介類を、コラーゲンの生成を促すビタミンCを含む、柑橘類等の食品と一緒に食べるとよいと思います。

 

納豆

またスナック菓子やファストフードや揚げ物等の、糖分や脂肪分の多い食品の摂り過ぎは、皮脂を増やしてニキビを悪化させてしまいますので控えましょう。

 

カフェインの摂り過ぎも、ビタミンやミネラルを排出させる原因になりますので避けてください。

 

その他にも、動物の軟骨やフカヒレ等保湿を助けるヒアルロン酸を食品や、牡蠣・帆立・卵・納豆等の、新陳代謝を活発にする亜鉛を含む食品も摂るようにしてください。

 

なお生野菜や冷たい飲み物等の取り過ぎは身体を冷やし、お酒の飲み過ぎは脱水症状の元になりますので、十分注意しましょう。

 

ビタミンCを多く含む柑橘類・葉物野菜や、鉄分を含むカツオ・ヒジキ等の海産物やレバー・ほうれん草も、意識して摂るようにしましょう。

 

全ての食事の基本となる肉・魚・大豆製品等のタンパク質は、肌の健康にも欠かせない栄養素と言えます。

 

ディーフラット公式サイト