男の敏感肌〜原因と対策

ディーフラット公式サイト

 

ここでは男性が敏感肌になる原因や、そうならないため或いは、敏感肌になってしまったときの対策等について、お話していきたいと思います。

 

お肌を気にする男性

敏感肌とは、普通肌よりも外部からの刺激に反応しやすい状態のことを指します。

 

原因としては洗顔料や化粧品による肌荒れや、外出したときに外気にあたることで、肌が赤くなってヒリヒリしてしまう、化繊の衣類が肌にあたって痒くなったり、ピリピリしたりしてしまう等のことが考えられます。

 

このように日常生活の中で肌に痒みや痛み、或いは赤みが出てくる人は、敏感肌と考えて間違いないと思います。

 

その他にも季節の変わり目の乾燥や紫外線・花粉等の刺激が原因で、一時的に肌のバリア機能が低下することがあり、そのときにキチンとスキンケアをしないことで肌の健康が損なわれて、敏感肌になってしまうこともあります。

 

男性の肌

男性は女性と比較しますとスキンケアに無関心であることが多いので、このケースに当てはまる人が多いと考えられます。

 

つまり性別を問わず、誰でも敏感肌になり得るということです。

 

男性の肌は女性の肌よりは厚く強いとはいうものの、毎日のヒゲ剃り後にスキンケアをしなかったり、日焼け止めなしで暑い夏に外出してしまうことで、肌に想像以上にダメージを与えている人が多いと思います。

 

男性の肌は女性の肌よりも、平均して皮脂量が多く水分量が少ないので、油断していると乾燥肌になりやすいと言われています。

 

肌が乾燥しますと角質層が乱れてバリア機能が低下し、ダニや花粉や埃等の異物が毛穴に侵入しやすくなり、肌荒れやかぶれの原因になります。

 

スキンケアする男性

ですから洗顔やヒゲ剃りの後には、必ず化粧水や乳液による保湿ケアをすることが大切です。

 

洗顔料やその他のコスメアイテムも、刺激の強い化学系の添加物を含むものではなく、無添加無香料で植物性のマイルドなものを使うようにするだけで、肌への負担は大幅に減ります。

 

洗顔をする際には、まず最初にぬるま湯だけで肌表面の汚れや常在菌を落とします。

 

洗顔ネットで洗顔料をよく泡立てて、手の平が肌に当たらない位の泡にしてから肌に乗せます。

 

毛穴に皮脂や汚れが溜まりやすいTゾーン→頬・口周り・目元の順に、泡をゆっくり転がすように洗いますと、必要な皮脂は残して洗うことが出来ます。

 

ディーフラット

濯ぐ際には、泡が肌に残っていますと肌荒れの原因になりますから、丁寧に行ってください。

 

水分はタオルでこすると肌を痛めますので、顔に押しあててとるようにしましょう。

 

その後は化粧水と乳液、必要であればディーフラットのような保湿クリームで保湿をします。

 

肌に合わない刺激性の強いスキンケアアイテムや日焼け止めは、無添加や低刺激のものに切り替えてください。

 

新しいものを買う時は、必ず事前にパッチテストを行ってから購入しましょう。

 

基本的に敏感肌は、毎日の十分は保湿で改善出来ると思います。

 

ディーフラット公式サイト