男の肌もエイジングケアが必要です

肌を気にする男性

男性の肌は実は女性よりもデリケートであると言われています。

 

またその特徴からしても、女性の肌より老けやすいと言われています。

 

むしろ女性よりも早めに、エイジングケアをする必要があります。

 

男性が女性のようなことを等と言わず早めに始めておきますと、「お爺さん」化する年齢が10年20年先まで伸ばすことが出来ます。

 

そこでここでは、男性はエイジングケアのために、どんなことをすればいいのかについて、お話していきたいと思います。

 

男性の肌は女性より皮脂の分泌量が多く皮ふも厚いのが、まず大きな特徴です。

 

肌の汚い男性

またやはり女性よりも肌の水分量が少ないにも関わらず、保湿等のスキンケアや紫外線対策等を行わない男性が多いため、暑い夏は肌荒れをしてしまい、寒い冬は肌が乾燥してしまうということになります。

 

またヒゲ剃りによって剃刀負けをして肌を痛めたりしても、やはり保湿をしないために、やはり肌荒れをしてしまいます。

 

ヒゲ剃りをしている際に、ヒゲを引っ張るような動きをしてしまいますと、肌のバリア機能を果たしている角質を傷つけて壊してしまうために、肌に痛みを感ずるのです。

 

角質は肌を乾燥や刺激から守り、紫外線が真皮層まで届いてシミになるのを防ぎ、肌のハリを維持する働きをします。

 

紫外線対策

この角質が傷ついて紫外線が真皮層に届いてしまうとシミとなり、真皮層に届いてハリを出すコラーゲンを破壊してしまいます。

 

その結果皮ふがたるんで若い内からシワだらけの顔になり、必要以上に老けた印象を与えてしまいます。

 

にも関わらず多くの男性が、エイジングケアの大切さをわかっていないのは残念なことです。

 

エイジングケアの上でまず大切なのが、紫外線対策です。

 

男性でも運動をする人は日焼け止めをし、普通の外出の時でも陽射しが強い日は、帽子かサングラスをして出かけるようにしましょう。

 

バルクオム

運動時の日焼け止めは、SPF50+・PA++++のハクテイズムサンプロテクトミルク等がお勧めです。

 

日常の外出の時には、SPF30程度のものを使うと良いでしょう。

 

また男性は女性より皮脂の分泌量が多いですから、そのままにしておきますと、活性酸素が大量発生してしまうことになります。

 

そこで植物性・無添加・低刺激の洗顔料か同タイプの固形洗顔石けんで、朝と帰宅後に洗顔を行うことをお勧めします。

 

それ以上の回数の洗顔は、肌の機能を弱めてしまいますので止めてください。

 

またオイルタイプのものは、刺激が強すぎますので避けましょう。

 

洗顔は泡立てネット等を使用してよく泡立て、手指が肌につかないように優しく洗ってください。

 

ゴシゴシ洗ってしまいますと、肌に必要な皮脂までとれてしまいますので、注意しましょう。

 

水より少し熱い程度のぬるま湯で20回〜25回程で濯ぎ、洗顔後もタオルでゴシゴシ拭き取らず、顔に押し当てて水分をとるようにしてください。

 

その後ヒアルロン酸とセラミドの配合された化粧水で保湿をしましょう。

 

バルクオムなら洗顔料・化粧水・乳液が3点セット。

 

メンズのために作られたメンズコスメ。 エイジングケアにも非常に効果があります。

 

バルクオム公式サイト